現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
グレープシードNK【15kg(約16.4リットル)】
商品コード:
CSM-CONK-2202

グレープシードNK【15kg(約16.4リットル)】

販売価格(税込):
24,840
関連カテゴリ:
キャリアオイル
オレイン酸、リノール酸を主成分とした、肌への刺激が少ないオイルです。
軽くさっぱりとした質感でん、のびが良く、特に脂性肌の方にもおすすめ。
またお手頃な価格も魅力です。


※1リットルタイプとメーカーが異なりますのでご注意ください。
※オイルの色味は淡黄色~黄色となります。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

☆グレープシードオイルとは?☆

グレープシード
グレープシードオイルとは、葡萄(ブドウ)の種子から搾油して精製した淡黄色〜黄色の透明な液状油脂であり、僅かにブドウ種子特有の匂いがあります。
これはなぜかというと、白ワインを作るときに得られる副産物だからで、チリやフランスなど、ワインの産地では多く生産されています。
ブドウの種子には7〜21%のオイルが含まれているので、100mlのオイルを作るには、100kgものブドウ種子が使われます。
つまり、大変貴重なオイルなため、大量供給できないのが現状であったのです。
しかし、当社は独自のルートで栽培の段階からしっかりしたオイル精製システムを構築しているため、一年中良質なグレープシードオイルを提供することが可能になっています。
リノール酸・オレイン酸を主成分とする、さっぱりした感触の軽めのオイルで、乳液などの基礎化粧品から分離型化粧水などの透明製品の油相成分に適しています。
他の植物油脂に比べ、酢酸dl-α-トコフェロール(ビタミンE)を多量に含有しているので、酸化しにくいのです。

☆グレープシードオイルの歴史☆

グレープシードオイルはもともと酸化しないオレイン酸を多く含んでいますが、酸化を抑える効果のあるビタミンEもオリーブオイルの倍以上の30%を含有しています。
ビタミンEには血行を良くし、老化を防ぐ効果があるのですが、これはなかなか食べ物からはとりにくいものなので、最も効率よく摂取するにはグレープシードオイルが適しているのです。
オレイン酸も、オリーブオイルの倍以上含まれており、このオレイン酸は血中でも空気中でも酸化を受けないという点ですぐれています。
酸化しないオレイン酸は、食べれば血中脂質が酸化せず、その結果、成人病の発祥リスクを下げてくれるという利点があるのです。
また、ポリフェノールも含まれているという点がグレープシードオイルの特徴と言えます。
植物油に含まれるポリフェノールはグレープシードオイルが100g中、1.300mgと最も多胃といわれています。また緑色が濃いもののほうがポリフェノールを多く含んでいます。
ポリフェノールは、活性酸素を水や普通の酸素に還元し、安定化させ、細胞の異変、DNAの傷つきをおさえる働きがあります。
コレステロールも他のオイルと比べると分かるとおり、まったく含まれていないため、動脈硬化の予防も兼ねて安心して食用にもお使いいただけます。
また、ぶどうの種に含まれている抗酸化物質/プロアンソシアニジンは脳の活性酸素を除去してくれると言われています。

>>オイルに関する、よくある質問はこちらから

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。